菌がいないか検査した

束になっている薬シート

ジスロマックは、1回合計1000mgをのんでしまえば、1週間効果が持続する。その間に菌を殺して回り、最終的には全滅させる。そんな抗生物質である。
実際、病院でジスロマックをもらって飲んで5~7日のうちに、私のトイレはずいぶん快適なものになった。もうどれだけオシッコをしても痛まないのである。便座に座り(私はオシッコを座ってするタイプだ)、本などを読みながら気持ちよく排便する……その快さを、私はあらためて実感した。もうクラミジアなどにはかかるまい。私はそう決意した。
とはいえ、ジスロマックを飲んで症状が消えてしまったからと言って、私のクラミジア治療レポートがすべて終わるわけではない。
私はあと1回、ジスロマックを処方してくれた病院へ行かなければならなかったのだ。なぜか?きちんとクラミジア菌が全滅したかどうか、確かめるためだ。

そう、人によってはこういうことがあるらしい……ジスロマックを飲んで症状が消えた、ヤッター!と思って放置していたら、実は体内で細菌が生きていて人知れず活動を続けていて、ある日また牙をむく、ということが。知らないうちに女性にうつして修羅場を迎えることもあるという。

とはいえ、最初にクリニックに行った日、つまりジスロマックを飲んだ日から数えて2週間後の土曜日、再び私はクリニックに行ったが、かなりあっさりすべては終わった。検尿後、診察室に通され、「ウン、もう治ってますよ」と先生に言われただけだったのだ。
ジスロマックは、確実に私を健康体に戻してくれたのである。万歳。